分割返済

ソーシャルレンディングで募集されるファンド案件には、一括返済型と分割返済型の2種類があります。

基本的には一括返済型のファンド案件ばかりですが、たまに分割返済型の案件が出てくることがあり、「これってどうなの?良いの?」と疑問に感じる人も多いでしょう。

僕も同じで、分割返済型の案件って、実際に良案件と言えるのか気になってましたので、ちょっと調べてみました。

この記事では、メリットとデメリットを解説してから、最後に分割返済型の案件が多いソーシャルレンディング事業者を紹介します。ぜひ参考にご覧ください。

ソーシャルレンディングにおける一括返済と分割返済の特徴

一括返済と分割返済の違い

最初に、一括返済と分割返済の案件の違いについて解説します。とても簡単な内容なので、すぐに理解できますよ。

一括返済案件の特徴

  1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目
運用元本 60万円 60万円 60万円 60万円 60万円 60万円
返済元本 0万円 0万円 0万円 0万円 0万円 60万円
利息(分配金) 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円 3,000円

 

利息計算:60万円×0.06÷12=3,000円(1ヶ月あたり)

一括返済とは、利息は毎月分配して、元本は運用期間終了後に一括で返済する案件のことを言います。

上の表は、利回り6%で6ヶ月運用、一括返済の案件に60万円を投資した例です。この場合、6%分の利息は毎月分配されて、6ヶ月後の運用終了後に、元本である60万円がまとめて返済されます。一括返済案件のなかでも、元本一括返済と呼ばれています。

また、利息も元本も一括返済になる案件を、元利一括返済と言います。さすがに元本も利息も運用終了後に返済…というのは投資家の理解も得にくいためか、ソーシャルレンディングでは滅多に見ないですね。

「24か月後に元本と利息全部払いますから融資してください!」なんて言われても、さすがにコワイですよね(笑)

分割返済案件の案件

  1ヶ月目 2ヶ月目 3ヶ月目 4ヶ月目 5ヶ月目 6ヶ月目
運用元本 60万円 50万円 40万円 30万円 20万円 10万円
返済元本 10万円 10万円 10万円 10万円 10万円 10万円
利息(分配金) 3,000円 2,500円 2,000円 1,500円 1,000円 500円

 

分割返済とは、利息だけでなく元本も毎月返済される案件のことを言います。一括返済のときと同じく、利回り6%で6ヶ月運用、60万円を投資した例で見ていきましょう。

今回の例だと、元本60万円の中から毎月均等に10万円分の元本が返済される元利均等返済です。つまり、2ヶ月目以降は毎月、運用資産が10万円ずつ減っていくという事になります。

運用額が減っていくと、当然ながら分配金も毎月減っていきます。6ヶ月目には10万円の運用になりますので、たったの500円しか分配金を得られません。

一括返済と比べると、6ヶ月間でなんと7,500円も分配金に差が出ました。これだけ見ると、「なんだよ分割返済って損するだけじゃん!」と思われそうですが、分割返済にもメリットとデメリットがあります。

次の項目で解説しますね。

ソーシャルレンディングにおける分割返済のメリット&デメリット

メリットとデメリット

分割返済のメリット

  • 元本割れした時の資産への影響が小さい
  • 一括返済と比べて流動性が高い

分割返済の一番のメリットは、やはり一括返済と比べて元本割れのリスクを抑えられる事です。

24ヶ月案件を例に解説します。一括返済の場合、24か月後に元本がまとめて返済されますが、2年後にソーシャルレンディング事業者や融資先企業がどうなっているか、誰にもわかりませんよね。

もしかしたら1年後に倒産しているかもしれません。でも、分割返済だったら仮に1年後にソーシャルレンディング事業者や融資先が潰れても、それまでの1年間に対しての利息と元本は、回収できています。

つまり、貸し倒れや遅延があった際に、自分の資産を守りやすいのが分割返済なんです。

流動性とは、運用資産をどれだけ自由に現金に変換できるかどうか?という事です。一括返済の場合は、繰上返済でもない限り、投資家の意思で運用資産を回収する事はできません。

しかし、分割返済だと、元本を毎月少しずつ回収できるため、別の投資に回したり、貯金に回したり、生活費や急な出費に充てたりできますよね。以上が、分割返済のメリットと言えるでしょう。

分割返済のデメリット

  • 一括返済と比べて利回りが低くなる
  • 再投資の手間が必要になる

分割返済のデメリットは、主に上記の2つです。一括返済と比べると利回りが低くなる事が最大のデメリットです。この記事で解説した例で見てもらえれば、一目瞭然ですね。

一括返済の分配金は18,000円に対して、分割返済の分配金は10,500円です。半分とまではいきませんが、受け取る金額は40%程度下がっています。

毎月元本が返済されるので、その資産をまた投資なり運用すればある程度はカバーできますが、今度は毎月返済される元本を再投資する手間が増えますよね。

一括返済案件は、運用中の6ヶ月は完全に放置できますが、分割返済案件だと毎月か2-3ヶ月に一回は再投資しなければ、一括返済案件との利息の差を埋める事はできません。

スポンサーリンク

分割返済案件が多いソーシャルレンディング事業者

クラウドリース参照:クラウドリース

ソーシャルレンディングのファンド案件は、9割以上が一括返済案件になります。ただ、なるべくリスクを抑えるためにも、分割返済案件の多いソーシャルレンディング事業者を探している人も多いでしょう。

僕が調べたところ、クラウドリースは分割返済の案件を募集する事が多いようです。といっても1ヶ月に1~2件程度ですけどね。

もう1つ、クラウドクレジットもたまに分割返済型の案件を見かけます。いずれも狙って投資できるほどたくさん募集されるわけではありませんが、少しでも分割返済案件に投資したい人は、口座開設を検討してみても良いでしょう。

クラウドリースはマネオ(maneo)の口座を開設していたら、連携してすぐに口座開設できます。

マネオは、その他10個のソーシャルレンディングサービスから気に入ったものだけを選んで連携する事もできますので、口座開設がまだの方は、ぜひマネオからお申し込みください。

マネオ(maneo)の口座開設はこちら

まとめ

ソーシャルレンディングにおける、分割返済のメリットとデメリットについて解説しました。実際デメリットはあるといっても、“稼ぎが減る”という内容です。

安全性を求めるのであれば、分割返済の案件を狙うのが一番良い判断だと感じます。ただ、現実的には分割返済の案件はほとんどありませんので、なるべく安全性の高い一括返済の案件を見極めて、投資をしていく事になりますね。

ソシャレンの事業者選びに困ったら...

ソーシャルレンディングのキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの事業者選びに困ったら、下記の記事を参考にしてください。初心者の方は、おすすめの事業者ランキングの記事がきっと参考になりますよ。

また、すでに口座を作る事業者が決まっている場合は、キャンペーンを適用したりポイントサイトを経由することで、キャッシュバックを受けられる場合があります。

せっかくのお得な情報も知らなければ損をするだけです。少しでもオトクに口座を開設して、かしこく資産を増やしましょう!

>>おすすめの事業者ランキング!
>>ソシャレンのキャンペーン情報!
>>ポイントサイト経由で9,000円ゲット!