融資先の情報開示!ソシャレン事業者各社の対応まとめ

2018年の夏ごろより話がでていた、ソーシャルレンディング業界における融資先の情報開示問題。2019年3月18日に金融庁からの回答があり、ようやく情報を開示できるようになりました。

ただ、今回の件に関しては、要件を満たしていれば「情報開示しても問題ないよ。」という程度の話なので、事業者によっては「うちは今まで通り開示はせずに匿名でやります。」というところもあるでしょう。

そこで、国内ソーシャルレンディング事業者を対象に、融資先の情報開示および匿名化解除に対する対応について、まとめてみました。おそらくは全事業者で順次回答があると思いますので、当記事でも回答が判明次第、更新していきたいとおもいます。

融資先の情報開示に対するソシャレン事業者各社の対応

オーナーズブックは積極的に情報を開示する予定

オーナーズブック参照:オーナーズブック

オーナーズブックは、3月18日にいち早く情報開示に関する見解を述べています。お知らせを読む限りでは、以前から情報は開示したい意向だった事や、昨今のソシャレン業界の管理体制に対しての苦言が書かれています。

オーナーズブックに関しては、業界全体を見据えた健全化を目指す意向であることなども含めて、積極的に情報開示をしていく姿勢でしょう。

参考:融資型クラウドファンディングに関する金融庁からの回答に関するお知らせ

funds(ファンズ)はすべての案件で情報を開示予定

ファンズ|クラウドポート参照:funds(ファンズ)

funds(ファンズ)は、3月18日に情報開示に関する見解を述べています。もともとfundsの仕組みでは匿名化の必要はなく積極的に情報を開示していましたが、やはり一部のファンドでは伏せる必要もあったようです。

ただ、4月以降はそれらの案件もすべて情報開示に取り組むようで、“全案件で情報を開示する”という事から積極的な姿勢がうかがえます。

ただし、貸付先がさらに貸付けを行う場合の、最終的な事業者または個人まではさすがに開示が難しいようなので、そのあたりは理解しておきたいですね。

参考:貸付投資のFunds、匿名化解除に対応し貸付先の企業名などの公開方針を発表

サムライは情報を開示できる案件のみをあつかう予定

サムライ参照:SAMURAI証券

SAMURAI証券 は、3月19日に情報開示に関する見解を述べています。“匿名化解除後は基本的に実名開示(債務者者の内容等)を行える案件のみの募集を行う。”との事なので、開示ができそうにない案件の募集は控えるという事になります。

つまり、今までの募集スケジュールよりも、案件が減る可能性があります。また、今後変更になる可能性の事も書いてあるため、かなり慎重に協議しているようです。

匿名化解除後の審査プロセスや案件の精査については、4月22日に公開されました。(下記のリンク先を参照)

参考:貸付型クラウドファンディングにおける匿名化解除後の弊社の情報開示方針について
参考:【重要】弊社の募集商品の審査及びモニタリングについて

クラウドバンクは融資先の同意を得られたものから順次対応予定

クラウドバンク参照:クラウドバンク

クラウドバンクは、3月19日に情報開示に関する見解を述べています。“融資先の同意が得られたものから順次、直接的な融資先が特定できる情報提供も行う。”との事です。

あくまで融資先の同意を得られた案件のみになりますので、情報開示できない案件は募集しない!というほどではないようですね。4月17日以降の案件を対象に、正式な対応が始まりました。

参考:融資先の情報開示等に関する方針につきまして
参考:融資先の情報開示等に関する対応につきまして

スポンサーリンク

J.LENDING(ジェイ・レンディング)は情報開示を行う方向

2019年4月25日に、ソシャレン事業者の1つ、J.LENDING(ジェイ・レンディング)で、情報開示に関するお知らせがありました。

募集案件が少ない事から、当サイトではあまり積極的に紹介していない事業者ですが、キッチリと対応状況をお知らせしてくれるのはありがたいですね。開示方法や時期などについては、方針が固まり次第また案内があるようです。

参考:匿名化解除に関する方針について|J.LENDING

レンデックス(LENDEX)では可能な限り積極的に情報を開示していく予定

LENDEX

2019年5月14日に、レンデックスで情報開示に関するお知らせがありました。“可能な限り積極的に情報を開示していきます”との事なので、すべてではないかもしれませんが、投資家にとっては良い判断材料になるでしょう。

参考:2019年5月14日 : 融資先公開に関する記事掲載(HEDGE GUIDE様)について

SBIソーシャルレンディングは情報開示を行う方向

SBIソーシャルレンディング

2019年5月16日に、SBIソーシャルレンディングで情報開示に関するお知らせがありました。“2019年5月17日以降に募集するファンドから、借手の商号等に関する情報の開示対応を、順次開始する”との事です。

参考:ソーシャルレンディングにおける借手開示対応の開始について|SBISL

クラウドクレジットは情報開示を行う方向

2019年5月17日に、クラウドクレジットで貸付先匿名化解除に関わる情報公開のお知らせがありました。“既存および新規の貸付先について原則として、実名・財務情報を含む基本情報を公開”との事。

融資先の情報開示(匿名化解除)による影響及び弊害についての個人的な見解

初心者ユーザーが減り、お金が集りにくくなる

さて。ようやく動き出した融資先の情報開示。投資家としては、投資する案件のより詳しい情報が解るようになるので、とてもありがたいですよね。ただ、初心者にとっては情報が増えてしまい、投資を控えるユーザーが増えるのではないか?と感じています。

今までは情報が少ないがゆえに、投資に詳しい人も初心者も同じ条件で案件を選んでいました。ただ、情報が多くなると詳しい人は安全性の高そうな案件に投資でき、何もわからない人は投資をやめるか、今まで通り事業者を信じて案件を選ぶことになります。

もちろん、貸し倒れや遅延が起きなければ問題ないのですが、2018年は遅延に続く遅延で、ハッキリ言って到底安心できるものではありません。ユーザーが減ると、今度はお金が集まらなくなり、業界自体が冷え込んでしまいます。

逆に考えると、情報の開示により「ちょっとソシャレンやってみるか!」という感じに熟練の投資家が増える事も考えられますので、どう転ぶかはまだわかりませんね。

募集できる案件が減る事による影響

匿名化解除により、おそらくソシャレン事業者は積極的に情報を開示していくでしょう。しかしそれは、情報を開示できる案件のみを募集していくという事です。(中には開示、未開示の両方を募集する事業者も多いと思いますが)

情報の開示ができない融資先を扱わなくなると、おそらくかなり募集案件は減るのではないかと感じています。個人的には、マネオあたりはけっこう減るんじゃないかと。

募集案件が減ると、事業者的には事業存続も危ぶまれますし、投資家としては毎回のクリック合戦に疲れてしまいます。

ソシャレンは難易度の高い投資の1つになりそう

今現在も別にソシャレンが簡単というわけではありませんが、今までは開示されている情報が少ない分、担保や保証、運用期間などを見てサクッと投資できる手軽な投資方法であったことは間違いないです。

ただ、今後はしっかりと案件の情報を確認し、安全性を確かめられる人だけが遅延や貸し倒れを回避できる、やや難易度の高い投資方法になりそうな気もしますね。

スポンサーリンク

ソシャレンの事業者選びに困ったら...

ソーシャルレンディングのキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの事業者選びに困ったら、下記の記事を参考にしてください。初心者の方は、おすすめの事業者ランキングの記事がきっと参考になりますよ。

また、すでに口座を作る事業者が決まっている場合は、キャンペーンを適用したりポイントサイトを経由することで、キャッシュバックを受けられる場合があります。

せっかくのお得な情報も知らなければ損をするだけです。少しでもオトクに口座を開設して、かしこく資産を増やしましょう!

>>おすすめの事業者ランキング!
>>ソシャレンのキャンペーン情報!
>>ポイントサイト経由で9,000円ゲット!