こんにちはタケナカです。2018年5月のソーシャルレンディング運用実績になります。5月もソーシャルレンディング業界では、大きめの事件がありましたね。ラッキーバンクの遅延です。

幸いにも、僕はラッキーバンクの口座を持っていなかったので助かりましたが、自分が投資している事業者および案件だったらと思うと、血の気が引きます。

当サイトではあまりニュース記事のような事は書きませんが、一応、今後の動向にも注目したいと思います。

2018年5月の分配金は280万円の運用で約13,000円

マネオの分配金

2018年5月は、先月と同じく税引き後で約13,000円の分配金になりました。運用額は280万円です。利回りとしては年利7%をギリギリキープできている感じですね。

これといって変化もなく、担保や保証内容、融資先の情報を軽く確認して、投資をしています。平均利回りは6%を切らないようにしていますが、なかなか難しいと感じますね。

やはり、条件の良い高利回り案件がいつもあるわけではありませんし、分配金を受け取ってから再投資するまでのタイムロスが、どうしても年間の利回りを下げてしまいます。

来月からのマネオ(maneo)の分配金は、30-40万円ほど他の事業者に移しましたので、ガクッと下がる予定。

2018年5月はマネオ以外の3事業者で口座を開設!

このサイトで何度も書いている事ですし、投資のセオリーとして分散投資は常識みたいなものです。でも、僕は今までその常識すらできてなかったんですね。

で、ようやくマネオ以外のソーシャルレンディング口座をいくつか作りました。今回は複数社を比較して、下記の3事業者で投資家登録を行いました。審査は無事に通過です。

3社ともド定番ですね。マネオ以外だと、一番無難な事業者を選んだと思います。やっぱり事業者リスクって怖いですから、なるべく信頼できる企業で資産を運用したいものです。

クラウドクレジットも迷ったのですが、海外案件はまったく事情がわかりませんし、何より利回りが高すぎて、不安の気持ちの方が勝ってしまいました。よって今回は見送り。

各事業者はお試しという事もあり、10~30万円程度の少額でしばらく運用予定です。分散投資といってもマネオに9割近く預けていたらまったく意味ないんですが、これから様子を見て徐々に移動させていく予定です。

追伸

ラッキーバンクの遅延問題ですが、現在マネオでも数件ほど遅延は発生しています。ただ、遅延だけなら前からわりと発生しているんですね。遅延のあと最終的に回収できずに貸し倒れ(デフォルト)にはなってませんが。

もしラッキーバンクやマネオの遅延案件がデフォルトになった場合、ソーシャルレンディング業界全体にかなり大きな影響がありそうです。

ソーシャルレンディングは元本保証ではない、貸し倒れの危険性や資産が戻ってこない可能性は十分あるという事は、投資家のみんなはわかっています。

でも、やっぱり心のどこかで、そうそう貸し倒れとかおきないでしょう!と理想を抱いているのも事実でしょう。その理由は、今までまともに貸し倒れが起きた事がないからです。

仕組み上、貸し倒れが起きる事はわかっていても、現実として起きていなければ、現実を信じたくなりますよね。

遅延案件も、あまり多く発生すると業界的にはダメージ大きいです。ソーシャルレンディングって、そんなヒヤヒヤした気持ちでやる投資じゃありませんから。

遅延は発生したけど、担保や保証で返済が完了したよ!というような事が、当たり前になってくれたらいいですね。

↓今回登録したオーナーズブック↓

OwnersBook

↓今回登録したクラウドバンク↓

クラウドバンク

ソシャレンの事業者選びに困ったら...

ソーシャルレンディングのキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの事業者選びに困ったら、下記の記事を参考にしてください。初心者の方は、おすすめの事業者ランキングの記事がきっと参考になりますよ。

また、すでに口座を作る事業者が決まっている場合は、キャンペーンを適用したりポイントサイトを経由することで、キャッシュバックを受けられる場合があります。

せっかくのお得な情報も知らなければ損をするだけです。少しでもオトクに口座を開設して、かしこく資産を増やしましょう!

>>おすすめの事業者ランキング!
>>ソシャレンのキャンペーン情報!
>>ポイントサイト経由で9,000円ゲット!