CREAL(クリアル)|不動産投資型クラウドファンディング参照:CREAL

2018年11月に新しいソーシャルレンディングサービスが始まりました。株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが運営する、CREAL(クリアル)というサービスです。

ソーシャルレンディングと書きましたが、正確には不動産投資型のクラウドファンディングになります。中小企業の運転資金や太陽光発電などの設備に投資するのではなく、不動産への投資です。

今回はそんな新サービスCREAL(クリアル)について、詳しく紹介したいと思います。CREAL(クリアル)についての情報や、利用する事業者としてアリかナシか!?と評判や口コミを調べている人の参考になればと思います。

>>CREAL公式サイトはこちら

不動産投資型クラウドファンディングの仕組み

不動産投資型クラウドファンディングの仕組み

最初に、不動産投資型のクラウドファンディングの仕組みについて簡単に解説します。知っている人は飛ばしてもらってOKです。

不動産投資型のクラウドファンディングとは、不動産に直接投資をするのではなく、運営会社と一緒に1つの不動産を購入するイメージです。投資先は物件ではなく、運営会社(今回だとCREAL)になります。

そして、毎月の家賃などから利益を得て、投資した金額に応じて分配金が支払われます。運営期間終了後には、とくに問題がなければ元本が全額返済されます。

ソシャレン業界で言えば、タテルファンディングが同じような不動産投資型クラウドファンディングですね。また、最近登場したリノシーやファンタスなども同じ仕組みです。

元本割れするケースとは?

投資なので当然ながら元本割れのリスクがあります。不動産投資型クラウドファンディングで元本割れするケースとは、単純に予定していた家賃収入が得られないパターンですね。

運営会社は「これはイケる!」と判断しても、実際に予定通りいくとは限りません。そんな状況が続けば利益を得られませんので、最終的には元本割れになる可能性がでてきます。

また、運営会社の倒産や自然災害等による不動産価値の下落などで、元本割れするケースがあります。

CREAL(クリアル)のメリット!

不動産投資型クラウドファンディングCREAL(クリアル)の特徴について紹介します。

クリアな物件情報の開示

CREAL(クリアル)|不動産投資型クラウドファンディング参照:CREAL(クリアル)

おそらくCREALで一番ウリにしている部分は、詳細な物件情報の開示でしょう。確かに、他社の案件と比べても写真や動画をたくさん使って、とても細かく丁寧に紹介されています。

投資家にとっては投資前に、より明確でクリアな物件の情報を入手できますので、投資をするかどうかの判断材料に関しては、かなり優秀と言えます。

投資家は優先出資になるため資産が守られやすい

CREAL(クリアル)|不動産投資型クラウドファンディング参照:CREAL(クリアル)

優先出資とは、投資家から優先的に配当される仕組みです。運営者(CREAL)は劣後出資となり、 損失が発生した場合にはCREALから優先的に負担する、優先/劣後方式という仕組みになっています。

ただ、これはタテルファンディングやリノシーファンディング、ファンタスファンディングも同じため、CREALだけのメリットというわけではないですね。ある意味当然!と言える仕組みでもあります。

優待特典が魅力的!

CREAL(クリアル)|優待特典参照:CREAL(クリアル)

CREAL(クリアル)では、物件ごとに優待特典が設定されている事があります。例えば、募集案件第一弾の「ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイ」の場合だと、アマネク優待という形でアマネクが運営する全物件の利用が、10%オフになります。

優待特典は案件により違いますが、投資する時の判断材料になりますし、CREALの大きなメリットの1つですね。

口座開設(投資家登録)や口座の維持手数料は無料

口座開設(投資家登録)や、口座の維持手数料は無料です。この手の手数料は他社もすべて無料なので、CREALならではのメリットというわけではないです。

1万円から投資ができる

最低投資金額は1口1万円からです。他社と比べても低く、分散投資に向いていますね。

案件の担保率は100%

担保は、投資する不動産がそのまま担保扱いになります。つまりタテルなどど同じで100%担保付案件というわけですね。保証に関しては、案件により異なってくると思います。

出資持分の譲渡ができる

あまり利用する人は少ないかもしれませんが、譲渡される方がCREAL会員の場合のみ譲渡ができるようになっています。手数料はかかりますが、運用途中でも他の人に譲渡が可能です。 

\メアドだけでカンタン登録!/

CREAL

CREAL(クリアル)のデメリット!

ここからは、CREALのデメリットに感じた部分を紹介します。

劣後出資の割合がかなり低い!

crealの劣後出資割合

劣後出資の割合は、今回募集されているホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイの場合は10%程度になっています。つまり、10%以上の損失になった場合は、当然ながら投資家が損失を受ける事になります。

他の案件がどれくらいの割合になるかはわかりませんが、この数字はかなり低めと言えます。

事業者名 劣後出資の割合
タテルファンディング 30%
リノシーファンディング 30%
ファンタスファンディング 20%
CREAL(クリアル) 10% ※1

※1 ホテル アマネク 浅草吾妻橋スカイの場合

同じ不動産投資型クラウドファンディングサービスの、劣後出資割合を見てみるとわかりますが、CREALだけかなり低いですよね。他の案件も同じように10%程度だった場合は、他社より損失を受けやすい事になります。

海外在住者は口座開設できない

口座開設できるのは、日本在住者のみとなっています。タテルファンディングなどは海外在住者でも口座を作れたのですが、CREAL(クリアル)ではダメみたいですね。

CREAL(クリアル)の気になる疑問まとめ

クリアルのFAQ

不動産投資型クラウドファンディングCREAL(クリアル)について、みんなが一番気になりそうな事をザックリまとめました。公式サイトに載っている事も含みます。

CREAL(クリアル)の運営会社は大丈夫?怪しくない?

運営会社は株式会社ブリッジ・シー・キャピタル、非上場企業です。2011年設立で資本金は1億円です。

CREAL(クリアル)自体は新規事業の1つで、他には税務・会計のサポート業務、不動産販売の開発や販売等も手掛けているため、もともと不動産に関しては詳しい会社のようですね。

ただ、会社概要の紹介ページは横文字のオンパレードなので、わりと意味不明だったりします(笑)。これは業界に精通している人ならスラスラ読めるんですね…。個人的には”わかりやすさ”を捨ててる表現は好きではないです。

参考:サービス紹介|株式会社ブリッジ・シー・キャピタル

また、官報決算データベースで決算書を確認できます。僕は見方があまりわかりませんが、業績などを確認できますので一つの判断材料になるでしょう。

参考:株式会社ブリッジ・シー・キャピタル 第7期決算公告|官報決算データベース

物件情報の詳細が確認できないんだけど?

他のソーシャルレンディング事業者と違って、会員登録をしないと物件の詳細を閲覧できない仕様になっています。会員登録は無料で、メールアドレスがあれば2-3分で登録できます。

投資家登録と違って名前や住所等の入力も必要ありませんので、閲覧だけができる無料会員は気軽に登録できますよ。

メアドだけでカンタン登録!>>CREAL(クリアル)

元本割れするのはどんなケース?

CREAL(クリアル)|不動産投資型クラウドファンディング参照:CREAL(クリアル)
※会員登録しないと確認できないページなのでモザイクかけてます

元本割れするケースは色々ありますが、すべて一般的なリスクになります。CREAL運営会社や不動産運営会社の事業不振や倒産(事業者リスク)、対象不動産の収益化が上手くいかないこと(案件リスク)、その他、地震などの自然災害で物件の価値が大幅に下がるなどです。

その他の詳しいリスクも、募集ページに詳しく載っていますね。

メアドだけでカンタン登録!>>CREAL(クリアル)

振込先の金融機関や出金手数料は?

投資金の管理方法 デポジット口座
振込先の金融機関 楽天銀行
出金手数料 一律258円(税込)

CREALの口座は、マネオやオーナーズブックと同じようにデポジット口座を採用しているため、投資案件ごとに振込みは必要ありません。デポジット口座の金融機関は、楽天銀行になりますので、楽天銀行の口座を持っていれば、振込みは無料です。

出金手数料は、残念ながら無料ではなく一律258円(税率8%の税込)と決まっています。毎月出金すると手数料が痛いので、半年や1年に1回くらいの手続きにしたいですね。

途中で解約できるの?

通常のクーリングオフ期間以外の運用中の解約ですが、基本的にはできないようです。やむを得ない場合のみ解約できると記載がありますが、詳細は伏せられているため過度な期待は禁物です。

最大100万円!投資金額の1%分がキャッシュバックされるオープニングキャンペーン開催中!

CREAL(クリアル)キャンペーン情報参照:CREAL

※終了しています

CREAL(クリアル)は、サービス開始を記念してキャッシュバックキャンペーンを実施中です。合計10万円以上を投資した方に、投資金額の1%をプレゼントするという中々太っ腹なキャンペーンです。

一応、プレゼント上限金額は100万円(投資金額1億円)までとなっています。そこまで投資する人はいないと思いますが(笑)。プレゼントされるタイミングは2019年の1月末までなので、わりとすぐですね。

【キャンペーン名】
CREALオープニングキャンペーン

【キャンペーン内容】
プレゼント額100万円を上限として、投資申込金額の1%をプレゼント!

投資申込金額 プレゼント額
10万円 1,000円
100万円 1万円
1,000万円 10万円
1億円 100万円

【キャンペーン期間】
2018年12月3日(月)17時00分~2018年12月27日(木)17時00分まで

キャンペーンの申し込み手続きは必要なく、対象期間中に投資をして成立すれば自動的に適用されます。シンプルかつオトクなキャンペーンになっていますので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

CREALの無料登録はこちら

まとめ|新規サービスのため投資は慎重に!不動産に強い人ならアリ!

  • 物件の情報は他社より明確でクリア
  • 優待特典システムが良い
  • 優先出資により資産は守られやすい
  • 劣後出資割合は10%と低い

ソーシャルレンディングの新規事業者、投資型クラウドファンディングサービスのCREAL(クリアル)を紹介しました。

個人的にいつも思う事ですが、新規のサービスや事業者は返済実績がまったくありませんので、良いか悪いか判断するのが難しいです。

物件自体は良くても、事業者の運営がいい加減だった場合は、事業者リスクとして投資家が損失を被ることになります。だから、事業者の事もよく調べましょう。

ただ、第一回目の案件でいきなり危なげな不動産は選ばないだろうと、個人的には思います。一回目でいきなり遅延発生させてたら、誰も利用しませんからね。おそらくかなり手堅い案件を厳選していると思います。

タテルやリノシー、ファンタスを利用している方や、もともと不動産投資に強い方であれば、参入してみてもいいかもしれませんね。

CREAL(クリアル)の物件情報の詳細は会員登録をしないと確認できない仕様になっていますが、メールアドレスの登録だけで簡単に確認ができます。興味のある方は登録してみてはいかがでしょうか。メアドだけなので2-3分で終わりますよ。

>>CREAL公式サイトはこちら

CREAL

ソシャレンの事業者選びに困ったら...

ソーシャルレンディングのキャンペーン情報

ソーシャルレンディングの事業者選びに困ったら、下記の記事を参考にしてください。初心者の方は、おすすめの事業者ランキングの記事がきっと参考になりますよ。

また、すでに口座を作る事業者が決まっている場合は、キャンペーンを適用したりポイントサイトを経由することで、キャッシュバックを受けられる場合があります。

せっかくのお得な情報も知らなければ損をするだけです。少しでもオトクに口座を開設して、かしこく資産を増やしましょう!

>>おすすめの事業者ランキング!
>>ソシャレンのキャンペーン情報!
>>ポイントサイト経由で9,000円ゲット!