クラウドクレジット参照:クラウドクレジットのトップページより

この記事では、ソーシャルレンディング事業者クラウドクレジットの口座開設手順を3ステップに分けて解説します。

ソーシャルレンディングの口座開設は、一般的な会員登録と違って入力内容にわかりにくい項目があります。入力途中にわからなくなってしまう人も多いのですが、この記事を見ながら進めれば、中断することなくスムーズに口座開設を完了できます。

口座開設をサクッと終わらせて、クラウドクレジットでソーシャルレンディング投資を始めましょう!

【クラウドクレジット】口座開設はこちら

クラウドクレジットの口座開設前に準備すべきこと

通帳

最初に、口座開設前の準備を済ませておきましょう。クラウドクレジットの口座開設で必要になる情報は、次の2つです。

  1. 振込先口座の情報(通帳でOK)
  2. 勤務先の情報

振込先の情報は通帳があれば確認できます。勤務先の必要な情報は、社名と業種、勤続年数くらいなので、とくに問題はないでしょう。

【ステップ1】クラウドクレジットのユーザー登録方法

クラウドクレジットの口座開設手順【クラウドクレジット】口座開設はこちら

お待たせしました。ではクラウドクレジットの口座開設を始めましょう。まずは、こちらのクラウドクレジットの公式サイト、または上にある口座開設ボタンから、“無料新規登録”をクリックします。

クラウドクレジットの口座開設手順

続いて、Crowdcredit IDとパスワード、メールアドレスと秘密の質問を登録します。IDだけは登録後に変更できなくなっていますので、ご注意ください。

クラウドクレジットの口座開設手順

登録したメールアドレスあてにクラウドクレジットからメールが届いていると思います。“メールアドレスの有効化はこちら”をクリックして、会員登録を完了させます。

【ステップ2】お客様情報登録の手続き

会員登録の完了お疲れさまでした!続いてステップ2、お客様情報登録の手続きをしていきます。

お客様情報の登録

クラウドクレジットの口座開設手順

あなたの個人情報を入力していきます。間違えのないように入力しましょう。

クラウドクレジットの口座開設手順

FATCAに関する宣誓のチェックは忘れないように。クラウドクレジットに限らず、ソーシャルレンディングの口座開設は日本国内在住が条件になっていますので、もし海外に1年の半分以上(183日以上)住んでいる場合は、登録できません。

勤務先情報も、とくに注意点はありません。各項目から選択できるようになっていますので、無職や学生、専業主婦の方でも登録できます。

振込先口座の指定

クラウドクレジットの口座開設手順

続いて、元本や分配金を受け取るための振込先口座を登録します。準備しておいた銀行の通帳を見ながら入力しましょう。

ちなみにクラウドクレジットの振込手数料は、月に1回だけ無料です。だから、基本的にはどこの銀行口座を利用しても問題ありません。ただし、月に2回目の出金は一律756円という高額な出金手数料が必要になりますので、ご注意ください。

適合性の確認

クラウドクレジットの口座開設手順

適合性の確認とは、あなた自身がソーシャルレンディング投資に向いているかどうかを確認するための、簡単な審査です。

簡単な審査と言っても、入力内容によっては不合格になる可能性もあります。しっかりと正しい情報を入力しましょう。

クラウドクレジットの口座開設手順

ちなみに僕は、上記画像のような感じで申請しました。審査の内容としては、無理な資産で投資をしていないか?リスクに対する考え方が甘くないか?生活費以外の余剰資産はどれくらいあるか?投資経験はあるか?というような事です。

僕は投資経験はソーシャルレンディングだけですが、普通に審査は通りました。それほど心配しなくても、無難な項目を選べば大丈夫でしょう。

1つだけ注意したいことは、預金と投資可能金額です。預金や投資可能金額が極端に少ないと、落ちる確率が高くなるようです。

規約の同意

クラウドクレジットの口座開設手順

最後に、各種規約がずら~っと並びます。面倒に感じますが、1つ1つしっかりと読み込みましょう。最後のほうにある同意ボタンにチェックを入れて、“登録申込をする”ボタンをクリックします。

クラウドクレジットの口座開設手順

お疲れさまでした!ここまでで、クラウドクレジットの口座開設は8割完了です。あとはクラウドクレジット側の審査になりますので、しばらく待ちます。

だいたい2~3営業日程度で審査が終わり、通過した人には本人限定受取郵便が送付されます。

【ステップ3】本人限定受取郵便を受け取る

クラウドクレジットの口座開設手順

本人限定受取郵便ですが、受け取り時には本人確認書類が必要になります。次の中から1点用意しておきましょう。また、受け取れるのは本人だけです。同居している家族であっても代わりに受け取ることはできませんので、ご注意ください。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 現住所が記載された公的証明書

クラウドクレジットの口座開設手順

本人限定受取郵便を受け取ったら、マイページにログインして、右上にある“お客様コードはこちらから”をクリックします。入力画面になりますので、ハガキに記載されいているコードを入力しましょう。

お疲れさまでした!クラウドクレジットの口座開設および会員登録はすべて完了です。あとはデポジット金を入金したらすぐに投資ができますよ。

余裕があればマイナンバーの登録も済ませておく

クラウドクレジットの口座開設手順

クラウドクレジットでは、マイナンバーの登録は強制ではありません。ただ、いずれは全事業者で登録必須になると思われますので、手元にある場合は今のうちに登録しておいてもいいでしょう。

マイページトップの右上にマイナンバー登録ボタンが出現していると思いますので、クリックします。

クラウドクレジットの口座開設手順

登録書類は、通知カード、マイナンバーカード、マイナンバーの記載がある住民票の3点から選べます。僕は通知カードで登録しました。表面と裏面の2ファイル必要になりますので、スマホのカメラやスキャナーで取り込んだ画像をアップロードしましょう。

【クラウドクレジット】口座開設はこちら

デポジット金を入金してクラウドクレジットでソーシャルレンディングを始めよう!

クラウドクレジットの口座開設手順

クラウドクレジットではデポジット口座(預託金口座)が用意されています。クラウドクレジット内にある自分専用の口座の事ですね。

投資の流れとしては、一旦デポジット口座にまとまった金額を入金して、そこから各ファンドに分散して投資をしていきます。

クラウドクレジットの預託金口座は三井住友銀行なので、同銀行の口座を持っている人は、デポジット金の振込手数料を少しだけ節約できますよ。

他行あての振込手数料が、所定回数無料になる銀行などもありますので、少しでも手数料を節約したい方は、ぜひ下記の記事もご覧ください。

ソーシャルレンディング用におすすめのネット銀行口座まとめ!手数料を節約しよう!

【クラウドクレジット】口座開設はこちら